恋愛映画・青春映画・ファンタジー映画紹介や・試写会情報ブログ



恋愛映画【試写会情報/青春・ファンタジー・映画情報】ブログでは相互リンクを大募集中です!
恋愛映画【試写会情報/青春・ファンタジー・映画情報】ブログではコメントやトラックバック大歓迎。

恋愛映画【試写会情報/青春・ファンタジー・映画情報】ブログ

◆カテゴリー一覧◆ 恋愛俳優:妻夫木聡DVD:2  |  お気に入りリンク:1  |  青春編:4  |  ファンタジー編:1  |  大人の恋愛編:2  |  恋愛俳優:0  |  恋愛映画【試写会情報/青春・ファンタジー・映画情報】ブログ全記事表示

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





恋愛映画【試写会情報/青春・ファンタジー・映画情報】ブログカテゴリー一覧◆

恋愛俳優:妻夫木聡DVD:2  |  お気に入りリンク:1  |  青春編:4  |  ファンタジー編:1  |  大人の恋愛編:2  |  恋愛俳優:0  |  恋愛映画【試写会情報/青春・ファンタジー・映画情報】ブログ全記事表示

恋愛映画【試写会情報/青春・ファンタジー・映画情報】ブログ:スポンサー広告
トラックバック(-) | コメント(-)
恋愛映画【試写会情報/青春・ファンタジー・映画情報】ブログ:page top↑

春の雪 |妻夫木聡

これがまた。
妻夫木くんのシルクの真紅のガウンの似合わないぶりがいいのですよ☆

この映画は、相手に不足なし というのもいいですよね。
ヒロインは、悲恋モノであるこの映画の撮影中に妊娠・結婚というおめでたが判明し、
話題になった竹内結子。

はじめて同士から、密接な心身のつながりに溺れていく若い2人。

彼女はやんごとない身分のひとと婚約がきまっていて、
甘く濃く堕ちていく背徳のつながり。

妻夫木くんのわがままに身勝手に愛に溺れて自滅していくナルシスティックなさまが、
憎らしかったり母性本能をくすぐったり。
するのでした。

春の雪春の雪
出演:
東宝
発売日 2006-04-28


三島由紀夫「豊饒の海」4部作の1巻目を、初の映画化。行定勲監督の下、妻夫木聡、竹内結子という魅力的な共演が実現した。大正初期を舞台に、栄華を誇る侯爵家の若き子息、松枝清顕と、没落の気配を見せ始めた伯爵家の令嬢、綾倉聡子の悲恋を描く。宮家の王子から求婚を受けた聡子が、それでも清顕と関係を持ってしまい、取り返しのつかない運命をたどることになる。
大正の貴族社会を再現した美術に息をのむばかり。『花様年華』などの名カメラマン、リー・ピンビンによる、ゆるやかなカメラの動きも美しい。主演ふたりは、いかにも現代的なイメージだが、格調高いセリフを自分のものにし、独特の貴族社会に溶け込んでいる。クライマックスの妻夫木の演技は鬼気迫るものがあり、岸田今日子ら助演陣も秀逸。この映画版は、誰かを一途に愛すること、そして愛のために身を引くことの辛さを、時代を超えて現代のわれわれに訴える力を持ち得た。「豊饒の海」全体の主人公であり、清顕の親友である高岡の視点から観ると、また違った三島由紀夫のテーマがにじみ出てくる点もすばらしい。(斉藤博昭)

余韻が残る 2005-11-09
原作にかなり忠実であった。
映像、音楽、役者の演技のバランスが取れている。
行定監督の淡々と(突き放)した演出が綺麗な風景と
そこで苦悩する人間の姿の対比をより引きたてていて、
見終わった後に余韻が残る。
押し付けのある説明的な映画ではないので、見た人によって
いろいろ受け取り方のできる映画なのではないかと思う。主演二人の演技は予想以上。
妻夫木は攻めの演技、竹内は受けの演技であったがうまくかみ合っていた。
脱ぐ脱がないは大きな問題ではない。脱げば役者根性がある、というのも違うだろう。
妻夫木は子供から禁断の愛を経て大人になっていく様をしっかり演じていたし、
竹内の繊細な表情は見事、であった。


詳細をアマゾンでチェックする





恋愛映画【試写会情報/青春・ファンタジー・映画情報】ブログカテゴリー一覧◆

恋愛俳優:妻夫木聡DVD:2  |  お気に入りリンク:1  |  青春編:4  |  ファンタジー編:1  |  大人の恋愛編:2  |  恋愛俳優:0  |  恋愛映画【試写会情報/青春・ファンタジー・映画情報】ブログ全記事表示

スポンサーサイト
恋愛映画【試写会情報/青春・ファンタジー・映画情報】ブログ:恋愛俳優:妻夫木聡DVD
恋愛映画【試写会情報/青春・ファンタジー・映画情報】ブログ:トラックバック(0) | 恋愛映画【試写会情報/青春・ファンタジー・映画情報】ブログ:コメント(0)
恋愛映画【試写会情報/青春・ファンタジー・映画情報】ブログ:page top↑

ジョゼと虎と魚たち(通常版) |妻夫木聡

やっぱり恋愛体質は、目とオーラにつきますよね。

個人的にすごくファン というわけではないですが、
妻夫木聡くんのあの さっ と恋する目にかわる瞬間を演技でできるところ
すごっ といつも思います。

これは切ない映画ですよね。。。
痛いです。苦いです。青春ですよ。
一生抜けないとげを 心の奥底にかくしもつ。
それもまた 恋なのですね。

犬童一心監督 いいですよね~^^
リアルな恋を感じさせます。

ジョゼと虎と魚たち(通常版)ジョゼと虎と魚たち(通常版)
出演:
角川エンタテインメント
発売日 2004-08-06


大学生の恒夫は、乳母車に乗って祖母と散歩するのが日課の自称・ジョゼこと、くみ子と知り合う。くみ子は足が悪いというハンディキャップを背負っていたが、自分の世界を持つユーモラスで知的な女の子だった。そんな彼女に恒夫はどんどん引かれていき、くみ子も心を許すが、ふたりの関係は永遠ではなかった。
『金髪の草原』の犬童一心監督が、田辺聖子の短編小説を映画化。くみ子演じる池脇千鶴は、関西弁でぶっきらぼうなくみ子の中の女性の部分をデリケートに見せて名演。妻夫木聡は、男の弱さ、ずるさ、情けなさを恒夫を通して見せていくが、恒夫が憎めない男になったのは、心の奥まで透けて見えるような彼の純な演技あってこそだろう。エロティックで美しくて切なくて泣けてしまうラブシーンも出色。恋愛の幸福感と背中合わせの残酷さを見事に描いた傑作だ。(斎藤 香)

やあ~、いい映画だよ、これ 2005-02-25
冒頭の写真を見ているシーンでラストがある程度予想できるがそんなことはどうでもいいと感じるほどジョゼと恒夫の生き方は共感を呼ぶ。
人間の弱さも強さもまじめさもいやらしさも素直に表現されていて、素敵な映画です。
役者はみんないいけど、やはり池脇千鶴がいいねえ、ファンタジックで情感が深く、しかもリアルな演技力、いい。


詳細をアマゾンでチェックする







恋愛映画【試写会情報/青春・ファンタジー・映画情報】ブログカテゴリー一覧◆

恋愛俳優:妻夫木聡DVD:2  |  お気に入りリンク:1  |  青春編:4  |  ファンタジー編:1  |  大人の恋愛編:2  |  恋愛俳優:0  |  恋愛映画【試写会情報/青春・ファンタジー・映画情報】ブログ全記事表示

恋愛映画【試写会情報/青春・ファンタジー・映画情報】ブログ:恋愛俳優:妻夫木聡DVD
恋愛映画【試写会情報/青春・ファンタジー・映画情報】ブログ:トラックバック(0) | 恋愛映画【試写会情報/青春・ファンタジー・映画情報】ブログ:コメント(0)
恋愛映画【試写会情報/青春・ファンタジー・映画情報】ブログ:page top↑
| 恋愛映画【試写会情報/青春・ファンタジー・映画情報】ブログ:ホーム |



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。